集団学習塾のメリット

一人ではないので安心

集団塾は、形態としては学校の授業とほぼ同じです。先生一人が多数の生徒に向かって授業をします。つまり、教室にはたくさんの仲間がいるということです。仲間がいるということは、それだけで安心感が得られます。例えば先生や大人には言いにくいようなことでも、仲間うちでしたら気軽に話せる、ということはよくあります。一人ですと例えば塾の勉強について思うことがあっても、言う相手がいません。そんなときに同じ塾の仲間がいれば、あれこれ言い合うことができますね。日頃の学習に対する愚痴だとか、ちょっとしたことが言い合える相手がいるということは、精神的に大変楽になります。もちろん学習内容について励まし合えることも大きいです。

学校以外のお友達ができる

学校も勉強をしに行くところではありますが、現実的に学校生活の大変を占めるのはクラスメイトを始めとするお友達関係です。学校でお友達になるのは主に一緒にいて楽しいとか趣味が同じというような理由が主です。そこでは勉強に関することは、正直話しにくいですよね。 塾では、学習メインの話題も学校に比べてしやすくなります。あの問題がわからない、この問題はこう解く、などの話をしていくうちに、学習の話をし合えるお友達ができていきます。そのお友達と学校が違った場合には、自分の学校とは違う学校の話も聞くことができて、さらに学習についての話も広がるでしょう。何にしても学校生活だけでは得難い友人ができるのも、集団塾ならではではないでしょうか。