集団学習塾のデメリット

学習のペースが決まっている

集団学習塾では学校の教室のようなところで、複数人で一人の講師から指導を受けます。その為集団のペースに合わせて学習を進め、理解していかなければなりません。言い換えれば、簡単だと思う単元でも一緒に話を聞かなければならないし、よく分からなかったと思う単元でも先に進んでいかなければいけないのです。もちろん、ある程度の規模の学習塾であれば理解度別にクラス編成されるはずなので、ひどく簡単すぎたり、ついていけなかったりということはないと思います。しかしながら完全に自分のペースで無い以上、しっかり自分の理解度を見極めて質問をしたり、復習をしたりする時間を作らなければなりません。せっかく同じ集団で授業を受けているので、他の生徒と教えあったり様子を窺ってみてもいいかもしれませんね。

講師を変更したり、じっくりと質問するのは難しいこともある

講師も生徒も人間なので、相性的に良い悪いがあることは仕方のないことです。集団学習塾では一人の講師に複数の生徒が教わるので、一般的に一つの教室に在籍する講師の数は多くないと言えます。そのため「担当の先生が合わないな」と感じても同じ時間に同じレベルの授業が開講されているとは限らず、ある程度我慢することが出てくるかもしれません。入塾面談時に雰囲気やどうしても合わなかったときの対処法をあらかじめ相談しておくと安心です。また授業中に長い時間話を遮って質問することは、なかなか勇気の要ることです。その為分からないことがあれば授業の前後に講師をつかまえて質問することが一般的ですが、他にも質問したい生徒がいた場合、待たなければいけなかったり、十分に満足がいくまで解説してもらえないこともあるかもしれません。その場合は他の講師が質問時のみ対応してくれたりすることもあるので、これもまた相談してみましょう。