集団学習塾の授業スタイルとは?

集団塾ってどんなところ?

集団塾とは20人位までの生徒が、一つの教室で一緒に授業を受ける場所のことです。一人の先生が、全員を教えています。一般的には、学力に応じてコースやクラスが分かれていることが多いようです。授業のカリキュラムや、時間数などは学習塾により異なりますが、同じ位の学力の生徒が集まって指導を受けることができる場所と考えてよいでしょう。集団塾は生徒数が多く規模も大きいため、一緒に競い合う仲間ができやすいというメリットがあります。学校とは違う環境で、テストの点数を競ったり、問題を出し合ったりしてお互いを高めていくことができるのです。同じような問題で躓いている場合は、友達同士で教え合ったりすることもできる環境であると言えるでしょう。

学校の授業に近い感覚で授業を受けることができる

集団塾では、一人の先生が黒板やホワイトボードの前に立って授業を行います。学校の授業に近い感覚で勉強をすすめることができると言えます。しかし、学校と比較すると生徒数が少ないため、先生との距離感がやや近いと感じるかもしれません。1対1で指導を行う個別指導塾のように在籍する先生の数は多くはありませんが、その分多くの生徒を一度に教えることができる優秀な人材が集まっているとも考えられています。また、集団塾では授業のカリキュラムがあらかじめ決められており、準備した内容に沿って授業がすすめられていくことがほとんどです。そのため、一度休んでしまうと遅れてしまうこともあります。ただし塾によっては、休んだ生徒に関しても課題を用意するなどのフォローを行っている場合もあるようです。